中村友哉オフィシャルブログ

封入式パチンコ(ECO遊技機)導入!釘調整不可で専業プロ壊滅…?

From:中村友哉

封入式パチンコが来年から導入される
という噂が現実味を帯びてきています。

それが元凶で、パチンコ専業が
廃業に追い込まれるんじゃないか、、?

そんな話もチラホラ出ています。

もしかしたらあなたは
封入式パチンコが一体何なのか、
あまり詳しく知らないかもしれません。

なので、今後の業界の流れも含めて
詳しく説明していきたいと思います。

封入式パチンコって何?

従来のパチンコ台というのは、
台をパカッと空ければ釘やアタッカーに
触れることが出来ました。

ですが、封入式パチンコにおいては
釘が完全に密閉されてしまうのです。

それどころか、パチンコ玉も
筐体内部に封入されてしまいます。

なので僕たちユーザーは
パチンコ玉に触ることが
一切出来なります。

Bonus当選しても玉がジャラジャラと
排出されることはありません。

出玉や持ち玉はデジタルデータによって
管理されます。

「すべてが筐体内部で完結する」

これが封入式パチンコなのです。

一応、正式名称は「ECO遊戯機」と言います。

ただ解りづらいので、この記事では
封入式パチンコで話を進めます。

そもそも何がECOなんでしょ

専業プロを廃業へ導く理由

ではこの封入式パチンコが導入されると
なぜ問題なのでしょうか?

専業にとって致命的なのは、

「釘調整が不可能になる」

という点です。

今までパチンコ専業で食っていた人は、
釘を読むことで勝っていました。

簡単に言えば、
よく回る台を打つことで
収益を稼いでいたのです。

ですが、それが不可能になります。

なので従来のように稼げなくなります。

それがパチンコ専業壊滅の危機へと
繋がっているのです。

パチンコにも設定導入

ただ、希望がないわけではありません。

封入式パチンコには
「設定」が導入されるようなのです。

1~6の6段階設定です。

高設定ならBonus確率が軽く、
低設定ならBonus確率が重い。

要するにスロットと同じです。

ジャグラーやハナハナのような
Aタイプをイメージすれば
解りやすいと思います。

なので高設定をツモることが出来れば、
パチンコでも勝つことは可能です。

封入式パチンコで勝つのは不可能…?

ただ現実問題、勝とうと思ったら
かなり厳しいかもしれません。

何故ならパチンコは1日打っても
2000回転くらいしか回らないからです。

なので設定看破に繋がるほどのサンプルが
取れないのです。

もしあなたがスロットで
Aタイプの設定狙いをするなら
解ると思います。

2000回転くらいじゃ正確な判別なんて
出来ませんよね?

「Bonus合算が良い!設定6っぽい!」

と思ってガンガン打ち続けるも、
ずぶずぶ合算が悪くなっていき、、、

「やっぱり低設定じゃん!」

みたいな悲惨な状況はよく起こります。

2000回転くらいでは
上にも下にもブレます。

なので正確な設定なんて解らないのです。

なので、

「高設定と勘違いして
 低設定を打ってしまい、負ける…」

こんなパターンが頻発する可能性は
十分に考えられます。

まして、パチンコで2000回転も回してたら
閉店時間を迎えてしまいます。

なのでもっと少ない回転数で
設定の高低を見極める必要が
出てきます。

それを考えると、

パチンコで設定を掴んで勝つのは至難の業

と言えるでしょう。

なのでパチンコ専業で食っていくのは
相当キツい、グロテスクな道になる
かもしれません。

封入式パチンコで勝つ方法

もちろん、それでも封入式パチンコで
勝つ方法がないわけではありません。

台の設定判別ができないのであれば、
それ以外の方法を使えば良いのです。

具体的には、

ホール傾向を探って勝つ

という方法です。

例えば、

「このホールは据え置き傾向が強いから
 前日よく当たってる台を狙う」

とか

「カドが強い店だから
 そこを重点的に攻める」

といった感じです。

なのでスロットで設定狙いする時と
似たような流れになると思います。

熱いホールを見極め、
ホール傾向を探り、
良台を掴んで出す…

ある意味、王道的な勝ち方です。

これが出来れば、もしかしたら
パチンコ専業でも稼ぎ続けられる
かもしれません。

一般ユーザーにはチャンス?

とはいえ、それでも厳しいのは
間違いないと思います。

なので封入式パチンコが原因で
専業は本当に壊滅してしまう
かもしれません。

もちろん、逆に勝ちやすくなる
という可能性がゼロとも言い切れません。

(確定演出が出やすい!とか…)

こればっかりは蓋を開けてみないと
解りません。

ただ、一般ユーザーにとっては
多少チャンスかもしれません。

釘を読むのは難易度が高いですが、
Bonus合算を確認するだけであれば
誰でも出来るからです。

なので良さげな台を選んで座っていれば、
多少は収支が向上するかもしれません。

とはいえ、その場合も大切になるのは
「ホール選び」です。

おそらく普通のホールで使われるのは
低設定ばかりだからです。

熱いホールを見極めるスキル

結局、これがパチンコでもスロットでも、
勝つためには大切になるのです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。